会社設立

会社設立の費用とエリアを徹底比較! | 会社設立LEO

人気の会社設立業者を徹底比較しました

業者名 料金(目安) 対応エリア 備考
鈴木税理士事務所
\203,200〜\276,700 横浜、湘南 電話・メールで申し込みが出来るから手間がかかりません。
税理士法人
江崎総合会計 東京事務所
\19,800〜\56,000 東京都、神奈川 無料サービス多数あり
ブルドッグウォータ \4,000〜\36,000 不明 独自開発の設立専用システムで格安で設立可能
起業相談ドットコム \15,750〜 不明 会社設立代行0円、最短1日で会社が設立できる
Smile \56,000〜\177,000 東京都全域 専門スタッフとの面談は納得のいくまで何度でもOK
アンドエス行政書士 \23,200〜\250,000 全国 分割払いシステムですぐに資金が準備できなくても安心
竹山行政書士事務所 ¥211,900 全国 代行手数料が全国最安値。
司法書士法人 関根事務所 ¥238,215 不明 信頼できる司法書士がしっかりとサポートしてくれます。
水野会計事務所 ¥196,000 不明 名古屋の法人設立が最安値
Guide \42,000〜\94,500 不明 選べる8つの無料サービスと4コースの料金体系。

 

※詳しい料金やエリアにつきましては各業者にお問い合わせください。

 

 

会社設立にかかる費用とは

会社を設立する際に、一体何にいくらかかるかご存じでしょうか。
平成18年以前は、会社を設立する場合いくつかの制約がありました。
(最低資本金1,000以上、等)

 

ですが新会社法が施行され、現在は資本金1円以上、取締役1人で会社が設立
出来るようになりました。家売却

 

これを期に会社設立のお考えになる方は多くなったでしょう。
ですがいざ設立となると、一体どのくらい費用がかかるのかは意外と知らないもの。

 

以下は専門家に依頼した場合、会社設立にかかる費用の平均的金額です。

 

発生する費用

定款認証
  • 手数料 5万円
  • 印紙税 4万円
  • 謄本代1枚×250円
  • 登録免許税 最低15万円

 

 

専門家と自分で行う会社設立、どちらが安い?

 

専門家に依頼する場合は、収入印紙税や登録免許税に差が出てきます。
定款認証、収入印紙代、定款謄本取得費用、登録免許税は法定費用となりますので
全国どの公証役場でも料金は一律です。土地価格

 

専門家に頼む場合は代行手数料と言うものがかかってきますが、
以下の点で費用が安く済みます。

収入印紙代が無料になったり電子定款認証にて認証を行う為、

紙で定款認証を行う場合に発生する収入印紙代の4万円がかからないので安く済む

 

収入印紙税を無料にすることで安く済む

上記のおかげで代行手数料を数万円払ったとしても、総合計的には
自分で行うより安く会社を設立することが可能です。土地売りたい

 

 
 

ホーム RSS購読