暗雲の兆し

【参考】夫婦念願の雑貨店(3)|会社設立LEO

順調だったお店に暗雲が

順調だったお店に暗雲が

 

夫婦念願の雑貨ショップオープンをついにすることができました。
あるショッピングセンターのテナントとして17坪のお店の開店です。
完全独立は不安だったので私はサラリーマンを続けました。
妻が代表としてお店を切り盛りしました。

 

オープン当初は本当によく売れました。
この勢いなら早めに借入を完済できそうです。
そうなれば私も会社を辞めることができます。
会社設立をして、多店舗展開も夢ではないぞ、と思っていました。

 

オープンから1年半が過ぎたころ、売上にも陰りが出てきました。
前年比が100パーセントを割るようになってきました。
これはわかり切った事です。

 

会社勤めで雑貨店のオープンをたくさん経験しています。
この辺で前年を割るのは想定内です。
ですから、私はあまり、焦りませんでした。
新たな対策を施せばいいだけですから。

 

まだまだ、在庫に余裕があったので在庫を15パーセント増やすことにしました。
妻に自分が売れると思うものを新たに仕入れさせました。

 

アジアンテイストの商品が多かったので、アンティーク風商品を増やしました。
バラエティーに富んだ感じのお店になってきました。
お客様はすぐに戻ってくれました。
売上は前年を超えるようになってきました。

 

今、思いだすと、あの頃の私は完全に有頂天になっていました。
有頂天真っ最中の人間には自分が有頂天であることに気がつきません。
もちろん、あの頃の私は自分が有頂天であることに全然、気がついていませんでした。

 

そんな、有頂天の男をいつまでも見逃してはくれません。
あるうわさが流れてきました。
そのうわさが本当ならちょっと、ヤバいです。

 

1年後に東の1キロ先に巨大ホームセンターができるとの事。
そして、更に西2キロ、ここの2倍の広さのショッピングセンターができるらしい。

 

これはホントにヤバイぞ〜。

 

夫婦念願の雑貨店(4)へ


ホーム RSS購読