社長になった母

【参考】専業主婦からの起業(3)|会社設立LEO

会社設立

まずは、自分の会社を持つ上でのターゲットは?何を売り出していくかのコンセプトは?
エステマシーンだけでは不十分です。
そこで母が目をつけたのが「ダイエット」。
それも、東洋医学の健康を意識した「耳つぼダイエット」に目をつけて資格を取得。
当時はまだ新しかった「耳つぼダイエット」と、「体質改善」のサプリメントを併用する方式で独自の会社を設立。

 

「アトリエ」としてお店を構えました。
そこでたった一人でダイエットとエステのお店を起業したのです。

 

車の多い通りに面した場所にお店を構えたため、良く目立つと言う事と、昔から誰にでも愛されるキャラクターだった母のお店は、その人柄に惹かれて常連になってくれるお客様で繁盛し、すぐにアルバイトを雇わないといけない状況に陥りました。

 

そこでアルバイトを募集して色んな方々と出会ったみたいですが、やはり「人間関係」が一番大切なキーポイントで…なかなかいい人材に出会えず悩んでいました。
自分が対応する時は、自分が納得のいくサービスを提供できるけど、人に任せるとどうも上手くいかない。社員教育やアルバイトの教育も私の性格では強く言えないし、なかなか出来る人材っていないものね。と嘆く母。

 

こんな時に私が手伝ってあげれたらいいのですが…
私も仕事があり手伝える状況ではありませんでした。
長年の夢を追いかけている私に対して母も無理は言いません。

 

そんな時に、外国へ留学していた妹が日本へ帰って来る事になりました。
妹は事情を察知して「私が手伝う」と言ってくれて、母との二人三脚がはじまりました。

 

専業主婦からの起業(4)へ


ホーム RSS購読