海岸線守護活動

【参考】辞表提出の決意(2)|会社設立LEO

ボランティア団体

私はその足で地元へ戻り、かつてから考えていた地元の海岸線を守る活動を立ち上げた。
はじめはたった一人でのスタートだったが、それに共感してくれた仲間たちが集まってくれて一緒にボランティア活動を始めました。

 

まず自分に出来る事は何か?と言う事を考えた時に「ごみ拾い」から始めようと思い、海岸の清掃活動と地域の清掃活動を始めました。
これまで働いてきた収入を切り崩しながら、そんな活動を続けていると、今までの生活には無かった温かな出会いに恵まれるようになりました。
若いパワーで地元を活性させていきたいと言う同じ思いの仲間との出会い、そして同じ情熱を持って取り組める幸せを感じる事が出来ました。

 

地元に帰って来て良かった。そう思いました。
しかしボランティアだけでは生活していけません。
何か地域活性につながる仕事を考えなくてはと思いイベント会社を設立しました。
昔から趣味だった音楽と音響を活かして、更に地元へ元気を与えるイベントを起こしていきたいと言う思いから小さなイベントの会社設立を起こしました。

 

今までは趣味だった事がプロとして発揮出来る様になります。と共に責任もかかってきますから猛勉強でスキルアップを目指しました。
そして音楽・音響だけでなくデザインの方面でも活躍出来るようになり、ボランティアで出会った仲間たちが協力してくれて会社として地元で認められるようになりました。

 

人から人へ…口コミで広げてくれて私の会社は出会った方々みんなに支えていただき、なんとか食べていけるようになりました。

 

辞表提出の決意(3)へ


ホーム RSS購読