日本の農業の現状

【参考】実家で農業している同僚|会社設立LEO

これからの日本の農家

私の同僚に、実家が農家をやってる人がいます。
その事実は最近知ったのですが、私も昔農業に興味があって色々調べたことがあるので、そのことについて話が盛り上がりました。

 

最近関税の問題で、政府と農家がたまに論争している番組があります。同僚は、それについては特に反対していませんでした。「海外の作物が安く入ってくると日本の作物が売れない」と主張する人もいますが、同僚は「逆に、日本の作物が海外で売れる」と言っていました。

 

日本の作物は、外国の作物と比べてめちゃくちゃ美味しいらしいです。同僚も何回か海外に行ったことがあるし、私自身も、海外に住んでいたことのある友達から同じようなことを聞いたことがあります。「日本の野菜や米は美味しい」と。
しかも、最近世界的にも健康ブーム、和食ブームになってきているので、すっごくチャンスだ!と言っていました。

 

これからの時代は、農家もグローバル化しないといけないし、先祖代々作ってきたものに限らず、時代のニーズに合ったもの、皆が欲してるものを作らないとだめだ。とも言っていました。私と一緒に一般の企業に働いているから、農業といえども会社経営的な観点で見ているようでした。

 

まぁ普通一般企業だったら、マーケティング調査なんてとっても大事なことですもんね。農業やってる人でそこまで考えてる人は初めて見ました。有機農法とか自然農法とか、そっちに意識ある人は知ってるんですが。

 

同僚もいつか親の跡を継がなければいけないみたいなんですが、野心家なので、ただ継ぐだけではないようです。他にも色々やりたいと言っていました。

 

農家って、忙しい時期とそうでもない時期があったり、あと昼働いて夜は何もなかったりするみたいです。その間にできる仕事を、考えているようです。
野心家なので(言うの2回目)、会社設立も考えてるみたいです。経営にすごく興味があるみたいで、世界情勢にも敏感みたいで、だから市場調査とかマーケティングまで考えられるんですね。すごい。

 

日本の作物が、世界に出回って評価されるのが楽しみです。

 

目次へ


ホーム RSS購読