将来に悩む友人

【参考】独立志向の高い職場|会社設立LEO

家業を継ぐにあたり

私の友達に、実家が雑貨屋をやっている人がいます。

 

私の会社、なぜか独立志向の高い人ばっかり集まっています。とはいっても、みんなすぐ辞めていくわけではないのですが、「いずれは・・・」という話をよく聞きます。

 

転職者が多い職場や、転職を考えてる人が多い職場は今までありました。でもこんなにも独立志向の高い人たちが集まって仕事をしている職場は初めてです。

 

料理店などで下積みをして、自分の店を出すのはよく聞く話ですが、私のいる会社は普通の会社です。しかも、そういう人の大半が、「親の事業を継ぐ」という理由で辞めていってるか、今後退職を考えているのです。

 

家業を継ぐのと独立は違うかもしれませんが、彼らはただ継ぐだけでなく「自分で更に新しいお店を作りたい」「新しい事業を展開したい」という意思があるので、「独立志向」と表現しました。

 

話戻します。で、いつかその雑貨屋さんを継がなければいけない友人は、コーヒーが好きなので喫茶店も出したい、と言っていました。実家が取り扱ってる食器や茶器を使って。(結構しゃれたもの取り扱ってるみたいです。)

 

さらに、その喫茶店で写真展も定期的に開きたい、と言っていました。

 

友人は写真も好きなので。なんだか聞いてるだけでおもしろそうですね。実際やろうとすると大変なのだろうけど、喫茶店も写真展も、何より家業を継ぐのが。

 

そんなに色々やるなら、いっそのことグループ企業みたいな感じで会社設立したらどう?と勧めてみました。だって、全部自分でやるのは大変だから、店長を雇って自分の好きな店にするというのは、上等手段です。

 

問題は、彼女の問題みたいです。実家を継ぐときには引っ越さなければなりません。彼女がついてきてくれるかどうか、それで彼は悩んでいます。

 

結局悩みの種は、恋愛なんですね。人間関係って、どう生きたとしても一生ついてくる問題ですね。

 

目次へ


ホーム RSS購読