【参考】独立した友人の話(2) | 会社設立LEO

悩みの日

実際に会社を立ち上げてみると、自分自身はしっかりとやるべきことをやっているのに、仕事の完成というのは、もちろん自分だけでできるわけではなく様々な仕事関係者との関わり合いの中で出来上がっていくものなので、例えば依頼していたものが期日までに出来上がらない、届かないといったことから少しずつ細かいことがつまずき出しました。

 

そしてそういう対応に追われていてなかなか新しい仕事が進まないという悪循環が生まれてしまいました。

 

そのうえ、この仕事はもともとの仕事を通じての友人知人といった人脈で成り立っているようなものであったため、例えば友人の会社の自社への代金の支払いが滞っているような事態にも、(友達だからなかなか催促しづらい…)というようないわゆるなぁなぁな関係が生まれてしまい、そういう金銭的な問題も持ち上がってきてしまいました。

 

代金の督促など、ビジネスライクでズバリと指摘してドライに対応すればいいのに、と私などは思うのですが、日ごろからお世話になっている持ちつ持たれつの関係、お互い様意識が強くそういう厳しい対応は知人の会社にはできないでいるのです。そして、そのことをどうすることもできずに只々一人で黙々と悩むしかない、仕事の内容そのもので試行錯誤して悩むのではなく、そういうことで悩む日々が続いているのです。

 

ただ、彼の強いところは、そんなギリギリの状況を何回か経験しながらも、日常生活ではその苦労をおくびにも出さずに、仕事のことは詳しく知らない奥さんやそのお子さんに心配はかけないと心に決めて過ごしているところです。

 

彼の精神力の強さ、その頑張りを友人としてこれからも応援していきたいと思っていますし、彼からいろいろなことを学びたいとも思っています。

 

 

 

目次へ


ホーム RSS購読