まさかのリストラ

【参考】行政書士を目指して(2) | 会社設立LEO

リストラ

それから彼は行政書士の勉強を本気になって取り組み、カフェに来る回数も時間も減りました。
そして試験にも合格しました。
念願の会社設立に向けて一歩前進です。
でも、行政書士の会社設立と言えば個人で開業するには、お客さんが相談しに来て受け付けて解決に至るまでの仕事を取り組む事務所が必要です。
そしてお客さんの確保が必要です。
開業しても顧客がいなかったら収入はゼロです。
知識を仕事に出来る職業なので、経費はあまりかからないと思いますが生活していくには収入が必要です。
安定するまでには実績と顧客の獲得が必要です。

 

そこに辿り着くまではある程度まとまったお金が必要でした。
事務所の開設費、そして落ち着くまでの生活費。
それを考えたらすぐに開業できる状態ではありませんでした。
だから頑張って節約しながら働くんだ!と意気込んでいた矢先に東日本大震災が起こりました
お客さんが働く工場も大打撃を受け、仕事で使うパーツが入ってこなくなったそうです。
そこで大幅なリストラが行われ、お客さんもリストラの対象になったのです。
来月から職を失うとなって、これまで抱いてきた希望もショックで見えなくなってしまっていました。

 

結局翌月から就職活動を始める事になったのです。
会社設立までの夢はなかなか難しく、一筋縄にはいきません。
お母さんもお父さんも亡くなり頼る人もいないから、自分がしっかりするしかないと言い聞かせる毎日だそうです。
リストラによって更に遠くなった夢。
それでも彼は諦めませんでした。

 

行政書士を目指して(3) へ


ホーム RSS購読