人に使われるのが嫌いな私

【参考】転職がキッカケで(1) | 会社設立LEO

転職

20代、大学を卒業してから希望の仕事に就き働き始めました。
サラリーマン家庭だった私は、普通に就職して会社の元で働くと言う事が普通だと思っていました。
だから大学卒業と共に普通に就職して働き始めたのです。

 

しかし昔から人に使われると言う事が嫌いだった私は上司とぶつかってしまいます。
先輩や上司との人間関係が上手く行かないのです。
そしてストレスを抱えるようになりました。
みんな同じ人間なのに、後輩だからとかまだ仕事を始めたばかりだからとかそんな理由で人を馬鹿にしたような扱いをされたり、こき使われるのは嫌だったのです。
後輩として、先輩として尊敬し合える人間関係を望んでいましたが、会社とはそう簡単な場所ではありませんでした。

 

みんなデスクワークにストレスを抱えていて、人として気の使い合える職場ではありませんでした。
だからいつも上司や先輩とは口論になり会社が嫌になりました。
これまではいい友達ばかりだったのに、こんな冷たい人たちも人間界には存在するのかと人間不信に陥りました。
そして私は辞職を決意しました。
こんな会社では働けないと思ったからです。

 

そして次の就職活動をはじめ今度こそと思い再就職をしました。
でもここも同じような会社でした。
社員の雰囲気が悪く、どこにでもある後輩いじめが目に見えて行われていました。
結局私は幾度も転職をし続けました。

 

でも、未だ理想の会社とはめぐり合えていません。
社会ってこんなものなのかと悩みました。
そしてこの社会で普通に生きている人たちばかりの中で、それに耐えることが出来ない私自身がおかしいのかと悩みました。

 

そしてここまで来たら、これ以上再就職・転職しても同じ事。
だったら自分で会社設立しようと言う思いが沸き上がって来たのです。

 

転職がキッカケで(2) へ


ホーム RSS購読