手間取る準備

【参考】出戻りママの会社設立奮闘記(3) | 会社設立LEO

実際に準備をはじめると

ところで、会社設立って、店を持つってこと以外に、実にいろんなことをこなさなくてはならないんです。

 

会社設立のための登記の申請や、定款を作るとか。
いま、偉そうに書きましたけど(笑)当初は、まったくわからなかったです……。
それに、国に会社として税金をおさめる、ってことぐらいは漠然とわかってはいましたが、そのための手続きとか、消費税ひとつとっても、その税率の計算とか……。

 

頭が痛くなるようなことばっかりで。

 

ただ、やってみて思ったのは、やはり、なんといっても、「資金」が頼りになりますね。
すべてにおいて、お金がなくては、できないことばかりです。
だから、今、とりあえず、他に借金もせず(身内以外に)、なんとか店もまわるようになってメドがついてきたからこそ思うんですが、これから会社設立しようって考える人には、やっぱりまず、「お金を貯めたほうがいい」って強く言います。

 

まず、お金ありき、ですよ。
銀行も、なかなか簡単には借りれないし、簡単に借りれるようなとこは危ないし、簡単に貸してくれるぐらいの人はすでにお金ある人だし(笑)

 

そこから、やっと、本番だと思います。

 

そういう意味でも、私はとても恵まれていました。
思いついて、ちょっとやってみて、エイッとスタート切れたのは、たとえば私のように店を持つって場合でいえば、

 

1:店舗となる家があった(自宅だから、改装費しかかからない)
店舗を借りるのもお金もかかって大変だし、その後の運転資金としてもかなり重い負担になるから。
2:身内から借金できた
3:会社設立の手続きを人に頼めた
そのぐらいの資金の余裕ができた

 

こういう条件がうまく揃っていたからだと思います。

 

 

逆に言えば、条件が揃わない状態だったら、条件が整うように動くってことが大事なのかもしれませんね。
要するに、お金貯めるってことがそうだし、時間をかけて店舗となる場所を探して、コレだって思う物件あったらすぐに契約できるようにするとか。

 

私は本当に運がよかったのだと思います。

 

出戻りママの会社設立奮闘記(4) へ 


ホーム RSS購読